安全な在宅透析のために 東京近郊のクリニックガイド

           

透析治療の悩みや負担を軽減できる「在宅透析」とは?

腎疾患に伴う透析治療をしている方の中には、時間や食事の制限にストレスを感じたり、透析治療をしているとはいえ体調が万全にならなかったり、治療に関する悩みを抱いている方が少なくありません。ただ、これらの悩みは、在宅透析で軽減できる可能性があります。このサイトでは、在宅透析とはどんな治療なのか、メリットやデメリットを紹介。対応できるクリニックもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

               

透析治療の悩みや負担を軽減できる「在宅透析」とは?

               

腎疾患に伴う透析治療をしている方の中には、時間や食事の制限にストレスを感じたり、透析治療をしているとはいえ体調が万全にならなかったり、治療に関する悩みを抱いている方が少なくありません。ただ、これらの悩みは、在宅透析で軽減できる可能性があります。このサイトでは、在宅透析とはどんな治療なのか、メリットやデメリットを紹介。対応できるクリニックもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

治療や生活の自由は増えるが、万が一のリスクも

在宅透析とは、専門設備を備えた医療施設でしかできなかった透析を、自宅で、しかも自分で行うというもの。さっそくメリットとデメリットを見ていきましょう。

在宅透析のメリット

自分の都合の良い時間に透析ができるのが最大のメリット。通院の場合、週3回・1回4時間以上の時間(移動時間や待ち時間も)がかかってしまうところを、休日や夜間、仕事の前後に自宅で済ませることができます。在宅透析を導入することで、正社員としてフルタイムの仕事に復帰できたというケースも。家族と過ごす時間やプライベートの時間を確保しやすくなるでしょう。

さらに、通院では不十分だった透析の回数を必要なぶん増やせるので、健康面でもプラスに働く可能性があります。通常、透析の回数や時間が少ないと体内に老廃物が蓄積。しかし頻繁に、長時間の透析を行うことで体調が整いやすくなり、実際に体調が良くなったという報告も多くあります

在宅透析のデメリット

このようにメリットが多い在宅透析ですが、もちろんデメリットやリスクもあります。

ひとつは、導入前に患者自身が透析の技術を習得しなければならないこと。自身の血管に針を刺し、正しい手順で機械を操作しなければなりません。そのため、クリニックなどで3か月~半年ほどの導入トレーニングが必要です。始めは漏血や抜針ミスなどの事故リスクがゼロではないので、中には怖く感じてしまう方もいるかもしれませんが、トレーニング次第でトラブルを防ぐことはできます。

ふたつめは、自宅に透析機器を備えつけるための条件を満たさなければいけないこと。定期的に運ばれてくる資材を保存するための専用部屋の確保や、透析機器の重さに耐えうるように床の補強工事が必要です。場合によっては、引っ越しが必要になるケースもあるでしょう。このように在宅透析をするためには、環境の変化も受け入れなくてはいけません。

安心・安全な対応ができるクリニック選びを

在宅透析を始める場合は、安全性の高い対応をしてくれるクリニックを選び、そこで導入トレーニングを受けることが大切。関東ではまだ対応できるクリニックや病院は多くありませんが、以下の4つのポイントで各施設の安全性をチェックしていくことをおすすめします。

24時間のかけつけ対応が可能か?…セコムなどの業者と連携した対応をしていれば万が一でも安心
BV計モニターのオンライン対応が可能か?…透析中に血管内の水分量をコントロールし、脱水を防げる
漏血検知システムを導入しているか?…針が抜けたときの失血事故を防止できる
④穿刺の際ポータブルエコーを使用可能か?…穿刺が苦手な方でもエコーで血管を確認しながら穿刺できる

【厳選調査】在宅透析に対応できる東京近郊のクリニック

東京透析フロンティア池袋駅北口クリニック【東京】

東京透析フロンティア池袋駅北口クリニックのキャプチャ
東京透析フロンティアの
在宅透析を詳しく見る

24時間かけつけ対応  電話対応+業者と連携
BV計モニター遠隔見守り
漏血検知システム
ポータブルエコー  導入トレーニングで使用

日本でも有数の導入トレーニング体制が整ったクリニック

東京透析フロンティア池袋駅北口クリニックは、2018年に新しくオープンした透析クリニックです。清潔で快適な空間で診察やトレーニングを受けることができます。新しいクリニックですが、在宅透析に関しては習熟度の高いスタッフが在籍。在宅透析の導入トレーニングのレクチャー経験が豊富な川畑勝氏が在籍しており、日本でも有数のトレーニング体制が整っています。また24時間緊急電話窓口・体液モニター・漏血検知器など安全性への配慮もされています。

東京透析フロンティアの
在宅透析を詳しく見る
東京透析フロンティアに
電話で問い合わせる

おばら内科腎クリニック【埼玉】

おばら内科腎クリニック
おばら内科腎クリニックの
在宅透析を詳しく見る

24時間かけつけ対応
BV計モニター遠隔見守り  テレビ電話切替システム
漏血検知システム
ポータブルエコー  導入トレーニングで使用

食事指導や透析食の提供も行う専門クリニック

おばら内科腎クリニックは、埼玉県富士見市にある腎臓内科を専門に取り扱っているクリニック。透析治療には、透析だけでなくさまざまな体調管理が必要です。ひとつは食事の管理。腎臓への負担を減らすための食事が必要で、食事内容の指導や透析食の提供も行っています。また、足の血行障害を防ぐためのフットケア外来が月に1回開かれています。

おばら内科腎クリニックの
在宅透析を詳しく見る
おばら内科腎クリニックに
電話で問い合わせる

東葛クリニック病院【千葉】

東葛クリニック病院のキャプチャ画像
東葛クリニック病院の
在宅透析を詳しく見る

24時間かけつけ対応  電話対応のみ
BV計モニター遠隔見守り
漏血検知システム
ポータブルエコー  導入トレーニングで使用

エリアに複数の透析施設を展開するクリニックグループ

東葛クリニック病院は、東葛エリアに8つの透析関連施設を展開している東葛クリニックグループの中心院です。千葉県内でも有数の透析クリニックで、他の医療機関から透析患者が紹介されてくるほど実績が知られています。海外でも透析センター開設のサポートを依頼されるほど、ノウハウや知識が豊富。在宅透析の導入も積極的に行っており、実績の積み重ねに基づいた確かな指導と導入が期待できるクリニックです。

東葛クリニック病院の
在宅透析を詳しく見る
東葛クリニック病院に
電話で問い合わせる

もっと詳しく!在宅透析とは?

在宅透析のメリット

在宅透析では、自分の家で好きな時に好きな回数だけ透析を行うことができます。今までは、医療施設で診療時間内に透析を受けなければならず、時間の拘束がありました。在宅透析なら、仕事や自分の時間を確保して、空いている時間に好きなタイミングで透析ができます。また回数や時間を増やすことができるので、体調がより良くなるケースも多いようです。

在宅透析のデメリット

在宅透析を始めるためには、技術や知識の習得が必要で数ヶ月に渡って研修を受けなければなりません。自分で穿刺して透析機器を操作すること、万が一のトラブルがあった時の対処法などを理解しておかないと、安全性が確保できないのです。また、介助者が一緒にいる時でないと透析ができないというデメリットもあります。

初期コスト

在宅透析を始める場合、ある程度の初期コストがかかってしまうのもデメリットのひとつ。クリニックによりますが、透析機器を用意したり設置工事に費用がかかったりするケースがあります。場合によっては家の壁に穴を開ける必要が生じることもあり、やや気軽には始めにくいという側面も。

継続して必要になるコスト

人工透析自体は、自治体や健康保険から助成金を受けられるので金銭面での負担が極端に大きくなることはありません。ただ、在宅透析では水道・光熱費がかなりかかります。水道・光熱費だけで1万円はかかってしまうので、毎月のランニングコストはそれなりになります。

導入に必要な身体的条件

在宅透析の支障となるような合併症が既にある場合は在宅透析はできません。また動脈の表在化など穿刺が難しい状態の場合も在宅透析の導入が難しくなってしまいます。その他、身体的に自分で清潔に穿刺ができない場合は、導入を見送ることになります。

導入に必要な環境的条件

絶対必須とされるのは、透析の介助者による理解と協力。在宅透析を導入することに介助者が同意していなければ在宅透析を始めることはできません。また、在宅透析の機械を導入するスペースや給水設備など、物理的な環境が整っていることも必要です。

自己穿刺

透析は血管に針を刺して行うもの。在宅で透析を行うということは自分で血管に針を刺すということです。これを「自己穿刺」と言います。在宅透析のトレーニングの際に方法の指導があり自分でできるまで教えてもらえるので心配する必要はありません。万が一の失敗があっても、サポート体制の整ったクリニックならすぐに対処してくれます。

在宅透析に対応できる
東京近郊のクリニックを比較

透析のつらさを少しでもラクにしたい人へ

透析には、さまざまな制限が伴います。それをつらく感じる人も多くいらっしゃることでしょう。このつらさとの向き合い方や少しでもラクにするための方法を考察してみました。参考になれば幸いです。

食事制限

透析治療中は、食事で摂る成分に制限がかかります。これを守らないと腎臓に負担がかかってしまうので、しっかり管理することが必要。食事が自由に摂れなくなるようなイメージがありますが、ポイントさえ押さえておけばそれほど厳しくはありません。食事制限の大切なポイントを紹介します。

仕事への影響

透析治療では、施設まで通院する場合には時間の制限が発生します。医療施設の診療時間内に透析を受けなければならないので、通常の仕事を続けるのが難しくなったり、プライベートの時間が少なくなってしまうことも。しかし、在宅透析なら時間の制限が少なくなるので、これまでどおり仕事を続けることも可能です。

ストレス

透析中には、いろいろなストレスを感じることが多くなります。とりわけ大きなストレスになるのは、自分が透析患者になってしまったという事実。この事実と向き合い、自分が今どんな状態なのか、今後何が起きるのか理解しておくことが治療には大切です。このストレスと対面するための工夫を紹介します。

身体の不具合

透析中は、身体の変調が時として起こります。透析を始めた直後は身体がついていかず、不調をきたしてしまうことも。慣れてからも、環境や身体の状態、食事の内容などで調子を崩してしまうことがあります。透析による不調の例を把握しておけば、身体の不具合はある程度防ぐことができます。

在宅透析に対応できる
東京近郊のクリニックを比較

東京近郊の在宅透析に対応できるクリニック一覧

東京

東京透析フロンティア池袋駅北口クリニック

2018年にオープンしたばかりの透析クリニック。在宅透析の指導実績が日本でも随一とされるスタッフが在籍しているほか、24時間緊急電話対応・BVモニター・漏血センサーなど、安全面への配慮もされています。

所在地:東京都豊島区池袋2-63-4
電話番号:03-6320-4116

腎内科クリニック世田谷

在宅透析によるQOLの向上をうたう腎臓内科クリニック。頻回透析や長時間透析によって高い効果が得られ、体調の回復が見込めるとしています。日本透析医学会認定透析専門医など、透析の専門家が在籍。

所在地:東京都世田谷区南烏山4-21-14
電話番号:03-5969-4976

東京ネクスト内科・透析クリニック

東京ネクスト内科・透析クリニックは、透析患者もしっかりと食べて、適度な運動をすることで体調管理するべきという治療方針を持っています。適切な運動や食事のための透析を行うクリニックです。

所在地:東京都荒川区西日暮里2-22-1
電話番号:03-5615-1566

品川ガーデンクリニック

都内でも在宅透析患者を管理・指導している実績が豊富なクリニックです。在宅透析を受けている患者の数をWEBサイトで公開しており、その実績の豊富さがよくわかります。

所在地:東京都品川区大崎1-20-3 イマス大崎ビル2F
電話番号:03-3779-4970

南青山内科クリニック

南青山内科クリニックは、透析患者が自分の状態を理解し、上手に付き合っていくためのサポートを大切にしているクリニック。患者と気持ちを共有しながら診療していくというポリシーがあります。

所在地:東京都港区南青山7-8-8-101
電話番号:03-6805-1836

下落合クリニック

昭和58年の開院以来、長く地元密着型で医療事業を続けてきたクリニックです。患者の状態に合わせて治療方針を常に検討していく、テーラーメイド型の治療を行っています。

所在地:東京都新宿区下落合2-1-6
電話番号:03-3953-1711

赤塚幸クリニック

在宅血液透析の普及・発展に積極的に取り組んでいるのが赤塚幸クリニック。腎臓専門医や透析専門医、透析認定師がそれぞれ在籍しており、専門知識と経験に基づいた指導・治療を受けることができます。

所在地:東京都板橋区赤塚新町1-25-10
電話番号:03-3976-6222

清瀬博済堂クリニック

清瀬博済堂クリニックは、地元の方にとってのかかりつけ医のような病院です。透析治療のほか、循環器疾患、腎臓疾患、神経内科疾患、糖尿病の治療も提供。併設の人工透析・透析センターで在宅透析を推奨しています。

所在地:東京都清瀬市竹丘2-15-15
電話番号:042-410-0001

みたかの森クリニック

普通の人と同じように働けるような透析を提案・提供しているのがみたかの森クリニック。快適に透析を受け、将来の合併症をできるだけ防ぐような治療をポリシーとしています。

所在地:東京都武蔵野市中町1-4-4スクウェア三鷹ビル2F
電話番号:0422-60-3433

大井町駅前クリニック

大井町駅前クリニックが大切にしているのは、患者と医師の間のコミュニケーション。きちんと治療内容について説明し、納得できた上で治療に当たる「温かい治療」を行っているクリニックです。

所在地:東京都品川区大井1-49-15 アクセス大井町ビル7F
電話番号:03-3776-9611

渋谷笹塚循環器HDクリニック

「普通に仕事ができる透析」を提供しているのが渋谷笹塚循環器HDクリニック。透析前と同じように仕事を続けて、早退や休暇などを取らなくても済むような透析体制を持っています。

所在地:東京都渋谷区笹塚1-30-3 ビラージュ笹塚Ⅲ4F
電話番号:03-5738-1501

五反田ガーデンクリニック

前出の品川ガーデンクリニックと同じグループ内の透析クリニック。五反田駅前にあるので通いやすい立地となっています。品川ガーデンクリニックと同様のノウハウ・知識があるので安心です。

所在地:東京都品川区東五反田5-22-27関配ビル7F
電話番号:03-3445-4970

神奈川

上大岡仁正クリニック

上大岡仁正クリニックは、チーム医療で透析治療にあたっているのが特徴。看護師と臨床工学技士がチームを作り、患者の状態の変化に常に目を配って、状況に応じた看護や透析機器の設定ができるようになっています。

所在地:神奈川県横浜市港南区上大岡西1-10-1
電話番号:045-844-5739

徳田病院

神奈川県内での人工透析の先駆けとも言えるのが徳田病院。先進的な医療機器を使って安全な透析を提供しています。感染症対策などにも力を入れていて、施設透析も在宅透析も安心して受けることができます。

所在地:神奈川県横浜市鶴見区佃野町29-3
電話番号:045-471-3933

埼玉

鶴瀬腎クリニック

平成28年にオープンした、血液透析・腎臓内科の専門院です。透析治療の設備が整っており、ストレスなく透析を受けられるような工夫がされています。在宅血液透析のトレーニングも、良い環境で受けることができます。

所在地:埼玉県富士見市鶴馬3523-1
電話番号:049-293-5771

さやま腎クリニック

さやま仁クリニックは、埼玉石心会病院から独立した腎臓内科クリニック。総合病院がバックについているので、透析を含めた医療サービスをここで受けることができます。先進的な医療の提供も魅力です。

所在地:埼玉県狭山市入間川4-15-20
電話番号:04-2900-3333

さくら記念病院

マンツーマンで在宅透析の指導をしてくれるのがさくら記念病院。在宅透析は自分で技術や知識を身につけるのが大変ですが、きめ細かい指導を提供するこのクリニックなら安心です。

所在地:埼玉県富士見市水谷東1-28-1
電話番号:049-253-3811

埼玉医科大学病院腎臓病センター

埼玉県西部の腎臓内科の中心地となっているのが、埼玉医科大学病院腎臓センターです。大学病院付属ということもあり、先進医療も受けられます。合併症の診療も受けられるので、長く安心して透析を受けることができる病院です。

所在地:埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
電話番号:049-276-2034

寄居本町クリニック

自然豊かなまち、寄居の地元で信頼されているクリニックです。自宅や職場でできる透析として、在宅透析や腹膜透析を提供しています。また人工透析センターを併設し、施設透析の設備が整っています。

所在地:埼玉県大里郡寄居町大字寄居808-1
電話番号:048-580-2550

おばら内科腎クリニック

おばら内科腎クリニックは、フットケア外来や透析食の指導など、透析の周辺事項に関するケアが行き届いている病院です。もちろん在宅透析の指導やトレーニングもきめ細かく、不安がなくなる指導を得意としています。

所在地:埼玉県富士見市関沢1-1-18
電話番号:0120-290-222

千葉

東葛クリニック病院

透析医療の専門院として45年の実績がある病院です。東葛エリアに8つの透析関連施設があり、県内でも有数の透析クリニックという位置づけです。常時1,000人以上の透析患者の管理・指導をしています。

所在地:千葉県松戸市樋野口865-2
電話番号:0120-113-751

玄々堂君津病院

こちらも県内で有数の透析クリニック。3施設で常に680人以上の患者がいる透析施設です。在宅透析、腹膜透析、施設透析それぞれに対応するほか、腎臓病の進行を防ぐための教育入院も可能。

所在地:千葉県君津市東坂田4-7-20
電話番号:透析外来は病院の電話番号とは別の以下窓口への問い合わせが必要
腎臓病コーディネーター:0439-52-2750
地域連携室:0439-52-245