安全な在宅透析のために 東京近郊のクリニックガイド » 透析のつらさを少しでもラクにしたい人へ

透析のつらさを少しでもラクにしたい人へ

つらい透析の悩みを和らげる方法とは?

透析を始めると、生活にさまざまな制限が加わったり、体調やメンタルの安定に影響を及ぼすことがあります。人によりますが、それがつらくて耐えきれない方もいらっしゃいます。

ここでは、つらい透析を少しでもラクにして、悩みを和らげるための方法をご紹介します。食事の制限を乗り越える方法、就労のためにクリアしたい問題、からだや心の不調の原因と予防法をそれぞれまとめてみました。透析を始める方、あるいはつらく感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

食事制限

透析を始めると、食事の内容が制限されることになります。とても不自由に感じるかもしれませんが、ポイントだけ押さえておけば食事を楽しむことは可能です。

食塩や水分の摂りすぎに気をつけたり、カリウム・リンを多く含む食品を避ける、あるいは調理にひと手間かけるだけで、食事はかなり自由になります。

透析による食事制限について

仕事への影響

透析は、毎回4時間プラス止血、通院に時間がかかります。これが週に3回必ずあったりすると、どうしても一般的な時間の仕事はしにくくなります。

また、透析をしているということは健康ではないということなので、ハードな仕事は避けなければなりません。通院の都合があるので、職場や自宅の位置によってはやはり仕事に制限があることも。

これらの問題をクリアできれば、就労はしやすくなります。もしこれが難しい場合には、在宅透析やオーバーナイト透析を検討するべきです。

透析による仕事への影響について

ストレス

透析を受けることになると、多くの方はショックを受け、落ち込んでしまいます。不安や抑うつ感が日常生活に影響することも珍しくありません。

これを乗り越えるには、自分がどのような状態で、どんな課題に向き合っているのか理解することが大切。透析が必要になったという現実をまず受け入れ、目の前の課題に向き合うことが必要なのです。

透析患者の方が、ストレスと向き合う際に工夫した例もご紹介しています。

透析によるストレスについて

身体の不具合

透析を始めると、からだの具合が悪くなることがあります。特に透析を始めた直後はいろいろな症状に悩まされることにもなります。

事前に症状と予防法が分かっていれば、透析を始めても不調を和らげたり防いだりすることができます。不調に驚かずに対応するためにも、透析による不調の症状を知っておきましょう。

透析による身体の不具合について